空間周波数 (くうかんしゅうはすう)

主に画像処理で用いられる概念で、通常の周波数が時間の逆数の次元を持つのに対して、空間周波数は長さの逆数の次元を持つ。