ニューラル・ネットワーク (にゅーらる・ねっとわーく)

脳の神経回路網をモデル化したもので、総和と非線形 (飽和特性などの活性化関数) からなるユニット(ニューロンに相当)を多数ネットワーク状に結線した構造を持つ。

勾配消失/発散問題が解決されるまでは、{入力層, 中間層, 出力層} の 3 層からなるものが使われたが、活性化関数の改良などにより 4 層以上の多層ニューラル・ネットワークが実用化され、様々な分野に応用されている。